火災保険とは一体何?

基本的に火災保険は補償範囲が広くなれば広くなるほど保険料が高くなる傾向にあります。

火災保険とは一体何?

火災保険とはいったいどのようなものか?

火災保険とは一般的に火災や落雷、爆発、風災、雪災などによって家屋などに被害が生じた場合に補償してくれる保険サービスであります。 長期的な火災保険の契約をする場合には掛け金が非常に割安になり、少ない費用で長い年月の家屋などの補償を得られる事になります。 近年では家事などで家を失ったり、特に多くなっている地震などの災害によって家屋にダメージを受ける場合がありますので、このような方は火災保険に加入することによって家屋の補償を受けることができますので非常に安心して安定したトラブルのない生活を送ることができるようになります。

火災保険で住宅物件の場合は建物と家財の両方あるいはいずれかを保険の目的とし、火災保険は家屋や家財の所有者が契約することが一般的であります。 例えば賃借物件の場合には建物に火災保険をかけるのは大家さんであり、賃借人は家財に火災保険をかけるといったような形となってきます。 基本的に火災保険は補償範囲が広くなれば広くなるほど保険料が高くなる傾向になり、自分の住環境を取り巻くトラブルやリスクというものを把握しておき考慮に入れながら補償内容を考えていくということになります。 火災保険には特約というものも存在しますので、特約をうまく使いながらリスクを回避していくというような選択もできます。

2014年の得する火災保険ランキング

 保険の窓口インズウェブ
ウェブサイトで火災保険の見積もりができるサイトはいくつかありますが、その中で是非選んで頂きたいのが、保険の窓口インズウェブの火災保険見積もり依頼サービスです。こちらのサイトで見積もりが可能な保険会社は、非常に評判の良い大手火災保険会社ですし、安くてお得な保険ばかりですのでおすすめなのです。


  セコム損保
セコムと聞くとセキュリティ関連の会社をイメージしてしまいますが、セコムは<マイホーム保険>も提案しており、火災保険では特約の内容が選べ、プランも4種類から選択可能。 免責金額を自由に設定できるため、保険料そのものの価格を抑えることができ、さらには各種割引も充実していてとても経済的!「安心保険」という名前の通りです!


 日新火災
賃貸住宅用の「お部屋を借りる時の保険」。戸建て用の「住宅安心保険」。ローンを利用した住宅向けの「住自在」など、主に3種類の住宅向け火災保険があります。
 富士火災
火災、落雷、爆発、盗難、水漏れ、水害、天災、飛来物などによる住宅の損害を、保険でしっかりカバー。24時間利用できる安心サポートもあって大満足の内容。
 AIU保険
建物や家財の補償だけでなく、日常生活から発生する様々なリスクをまとめて補償してくれる個人向け火災保険「スイートホームプロテクション」が人気です。

火災保険の家財保険とは何なのか?

家財保険は家の中の物品を守ってくれる

一般的に家財保険とよく聞かれますが、実は家財保険というような商品が存在するわけではありません。 家財保険は火災保険契約の中に組み込まれているような形になりますので、火災保険と契約をすれば家財保険にも加入することができるようになってきます。 ちなみに一般的に家財というものは生活関連の財産ということであり、テレビやパソコン、冷蔵庫、洗濯機、テーブル、タンス、洋服などといったものが当てはまります。 賃借物件に住んでいる方は基本的に火災保険に加入することができませんので、家財が目的の形で一般の火災保険に加入するという形になります。 火災保険に加入し家財保険で家の生活関連の財産を守るということにより、もし火災が起きたときにも非常に安心することが出来るということになります。

家財保険を火災保険に付帯して契約をする場合には多くの人は補償額が1番の気になる部分ではないでしょうか? 家財保険では自宅にある家財を全て保険会社が確認して補償するのが1番妥当でありますが、そのような事には非常に手間がかかりますので一般的に世帯主の年齢や家族構成から目安となる金額を算出しているような形となっています。 保険会社によってこの金額の算出基準はそれぞれ違ってきますが、独身の場合には年齢を問わず300万円程度、夫婦2人の場合30歳で700万円、 40歳で1,200万円、子供が2人いる場合には30歳で900万円、 40歳で1,400万円ぐらいの保険金が下りるような形となってきます。

火災保険のナゼ?何?

火災保険の基本

火災保険と言っても様々な種類があります。
火災保険の上手な掛け方についてご紹介。
どんな保険がいいの?選ぶときのポイント。